トップ すきやきナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

すきやきナビ東京都 > ちんや

ちんや

ちんや

創業明治13年のすき焼専門店 浅草雷門通り、門から4軒目

江戸時代、弊店は諸大名や豪商に狆(ちん)などの愛玩動物を納め、獣医も兼ねていたところから「狆屋」と呼ばれておりました。明治13年に料理屋に転じましたが、「ちんや」をそのまま屋号といたしました。その後明治36年にすき焼の専門店になりました。

ちんや:DATA
住所〒111-0032
東京都台東区浅草1丁目3-4
電話03-3841-0010
FAX03-3845-0022
URLhttp://www.chinya.co.jp/
営業
駐車場
業種しゃぶしゃぶ料理店、食肉店、すきやき料理店
アクセス(最寄駅)
○銀座線・浅草駅・1番出口徒歩1分
○浅草線・浅草駅・A4出口徒歩3分
○東武線・浅草駅・南口出口徒歩3分
(車)
○向島インターから5分
お役立ち情報メンバーズ・カード
●会員特典
「ちんや」会員の登録申込をされますと、メンバーズカードが発行され、次回からはカードをご提示
いただくだけで様々な特典がご利用になれます。
●ちんや全店にて、次回から5%の料金割引をいたします。
●創業まつり、謝恩セール等折々のご案内をさせていただきます。

ちんやの地図

東京都台東区浅草1丁目3-4

ちんやの詳しい情報です!

■取扱商品・サービス内容(概要)
 創業明治13年のすき焼専門店。江戸時代に狆(ちん)を大名家や豪商に納めていたのが
店名の由来。文明開化の味を今日に伝える。下足番の声に迎えられて玄関をくぐると、店内には和洋・
大小の個室や宴会場がある。浅草雷門通り、門から4軒目。

<すき焼>
桐(霜降肉125g) 8、000円
楓(肉盛合せ125g) 5、500円
椿(赤身肉125g) 3、500円

<すき焼コース>
黒船コース 12、000円
 すき焼(霜降肉125g)、前菜、さしみ、お新香、みそ椀、御飯、牛肉しぐれ煮、
 日本茶、フルーツ
蒸気車コース 9、000円
 すき焼(肉盛合せ125g)、前菜、さしみ、お新香、みそ椀、御飯、牛肉しぐれ煮、
 日本茶、フルーツ
駅馬車コース 7、000円
 すき焼(赤身肉125g)、前菜、さしみ、お新香、みそ椀、御飯、牛肉しぐれ煮、
 日本茶、フルーツ
人力コース 5、500円
 すき焼(赤身肉125g)、小付け、前菜、お新香、みそ椀、御飯、牛肉しぐれ煮、
 日本茶、デザート

<ご昼食>
桜橋セット 4、300円
 すき焼 または しゃぶしゃぶ(赤身肉125g)、小付け、お新香、みそ椀、
 御飯、牛肉しぐれ煮、日本茶、デザート

*消費税込み、ご奉仕料(500円)別
*ご昼食のご注文は15:30まで承ります
*ご昼食以外のメニューのご注文は19:00まで承ります(平日は19:30まで)



スポンサー広告

ネットショップ広告


すきやきナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • とけいや 兵庫県神戸市中央区加納町4丁目7−23 電話078-321-0555

今日のお勧め記事 ⇒ すきやき料理の歴史

小さな子供から若者層、年配層にいたるまで非常に多くの人々に愛されている“すきやき”は、日本を代表する料理の1つで、私たちが子供の頃にはどこの家でも“特別な日”には必ず食卓に登場して場を盛り上げてくれたものです。 このような“すきやき”には語源が3つあります。 まず1つ目は1643年の江戸時代初期に刊行された『料理物語』という本に載っているもので、杉でできた箱の中に鯛などの魚介類や野菜を入れて味噌煮にする“杉やき”という料理です。 2つ目は、江戸時代に使い古した農具の“鋤”の

すきやきナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。